鮮に対する理解 <経済編>

94.品質監督事業をどのように進めているか

朝鮮に対する理解 経済編| 2016年06月12日(日)

 朝鮮では規格化事業から産業美術、計量、品質認証など品質管理の主要部門事業を統一的に掌握・統制する国家品質監督機関の権能を高め、品質監督法と規格法、計量法、製品生産許可法などを採択・発表し、製品の質を高めるための事業をしっかりと法的土台を基に進めている。

 国家原器館を設置し、計量単位伝達の科学性を担保しており、国際標準化機構(ISO)との密接な連携し、すべての製品の質を世界的レベルに引き上げるために努力している。

 毎年2、7月を製品質向上対策月間として定め、製品の質を不断に高めている。


朝鮮に対する理解 経済編一覧